むくみ解消のためには運動や食生活の改善が良いのだろうと思いつつ…

私は30代女性で、日中はオフィスワークをしています。
20代の頃から、夕方になると、何となく足がむくんでいるのを感じることがありましたが、お風呂に入れば、たいていのむくみは改善できていましたので、対策という対策は全く行ってきませんでした。
その頃は、まだ若かったという事なのでしょう。

しかし30歳を過ぎると、1日中座っていることさえ辛くなり、冬場は足がむくんでブーツが履けなくなったのです。
むくみの原因には、内臓系の病気なども関連していることは知っていましたが、会社の健康診断でも特に異常が無かった為、生活習慣や体質自体に問題があることが分かってきました。
年齢を重ねるうちに、むくみはひどくなり、疲れも溜まる一方です。

そんな時、むくみの原因は、カリウム不足かもしれないという話を耳にしました。
本当はむくみを解消するためには、運動をしたり、身体の循環を良くするために筋肉を付けたり、むくみにくいような食生活に変えるというのが良いのだろうと思いつつ、正直それは面倒臭いと思っていました。
それで私は、私のむくみの原因が運動不足や食生活が問題だからじゃない、カリウム不足が原因なんだ、という思いからカリウム不足がむくみの原因だという話に飛びついたのです。

カリウムといえば、りんごやバナナなどに多く含まれるらしい成分ですが、ナトリウム、要するに塩分を過剰摂取すると、両者のバランスが崩れ、むくんでしまうというのを聞いたことがあります。
疲れた時やお酒を飲んだ時などは、特に塩分を過剰摂取してしまう傾向があった為、恐らく、体内のナトリウムの濃度が過剰になっていたのかもしれません。
調べてみると、成人女性が、1日に必要とするカリウムは2000mgだそうです。
食事で、必要量のカリウムを補うことは難しいと感じましたので、カリウムが主成分となっているむくみ解消サプリで代用することにしました。
(このサプリには、カリウム以外にも、様々なむくみへの有効成分が入っているらしく、そういった成分も含めて全て食事から摂るとなると相当難しいように感じたので、というのもサプリを選んだ理由です。)
食後の30分以内とかそのくらいに、このサプリの1日の目安量を服用するという生活を1か月以上続けた頃から、何となくむくみ改善の効果があらわれてきたような感じがしました。

それと、私は以前からひどい冷え性に悩まされていました。
むくみの原因の1つに、新陳代謝の悪さが関係しているようで、冷えなどで、身体のめぐりが滞ると、老廃物や毒素、不要な水分が溜まって、むくんでしまうという話を聞いています。
加齢に伴い、冷えや代謝の低下も見られましたので、身体の体温を出来るだけ上げると言われている食べ物やハーブを摂取するようにしました。
(さらに、私の飲んでいるサプリには、血のめぐりを良くするような有効成分も含まれているようでした。)
もともとのひどい冷え性をすぐに改善するのは難しいと思いますが、数か月服用していると、なんとなく冷えが改善してきたように感じましたし、むくみについても身体が軽くなってきたような気がします。
カリウムに加え、その他の有効成分のおかげで、少しずつ冷えが改善され、老廃物が流れやすくなっているのでしょうか?

数か月色々なことを試してみて分かったことは、むくみ解消の効果はすぐにあらわれないということです。
(まあ、1カ月ちょっとで効果を感じてきましたので、すぐに効果が出たと言っても間違いではないとも思いますが。)
そして、長く続けていれば、それなりの効果が必ずかどうかは分かりませんが、あらわれる事が多いだろうということです。
むくみの背後には、肝臓や腎臓などの疾患が隠れているケースも考えられますが、それ以外の場合には、恐らく個人の体質や長年の生活習慣が影響していることが多いと思います。
これを変える為には、本当は運動などの普段の習慣や食事を見直したりするのが良いのだと思います。

しかし、私にとってそれは面倒だったので、サプリを飲むだけでなんとかならないだろうかという方法が、怠惰な私には一番合っていました。
病気を原因とするむくみの場合には、サプリなど飲んでいる場合ではなく、お医者さんのお世話になるべきですが、病気等の身体の異常がないのに、むくんで困るという方は、まずは体質改善や、カリウム補給などから始めてみるといいんだろうと思います。

むくみ対策の参考サイトはこちら!
足と顔のむくみをサプリと運動で対策する方法

 

◇足のむくみ解消の方法について私が思う事◇
足のむくみ解消の方法でまず挙げられるのは、私はマッサージだと思うのです。
足の血行が良くなることで、ある程度のむくみは改善できるだろうと思うからです。
疲れてマッサージをする気力がなかったり、毎日マッサージをするのが面倒だという方は、こまめに足を動かしたら老廃物が溜まらないように出来るんじゃないでしょうか。
筋肉を動かすことによって血行が良くなり、水分の循環もスムーズになるはずです。
デスクワークなら座りながら足首を回す、立ち仕事なら時々膝を曲げ伸ばしするなどしますと、それだけでもずいぶん違う可能性もあるのではないでしょうか。
また、冷えもむくみには大敵だと思うので、体を冷やさないようにすると良いとも思います。
溜めない、冷やさないの二つを心がけると、むくみ知らずの体になれる可能性があると思います。

◇むくみ解消サプリメントを試してみた結果◇
私は脚がむくみやすいので、夕方ごろになると脚がパンパンに張ってしまいます。
むくみのせいで脚の見た目もだいぶ太く見えるようになってしまいますし、パンパンに張って不快感を感じるので、本当に困っていました。
そんな時、むくみ解消に効くというカリウムのサプリメントを飲む方法が良いと知って試してみたら、本当に脚があまりむくまなくなっきたような気がするようになってきて、びっくりしました。
疲れている時はたまにむくみますが、以前より脚が張る頻度がかなり減ったので、嬉しい限りです。

◇下半身のむくみを改善させるために生活習慣を見直そうと思って…◇
私が下半身のむくみを改善させるために行った対策は、生活習慣の見直しです。
様々な食材を種類豊富に食べて栄養をバランス良く摂取する、水分をこまめに摂取する、塩分の摂取をなるべく控える、利尿作用があるカリウムを摂取する、体を温める効果がある根菜類を摂取する、運動をして下半身の筋力をアップさせる、マッサージをして血行を促進させる、睡眠をしっかりととる、規則正しい生活リズムを意識するなどの健康的な生活習慣を心がけようと思いました。
これを実際に実行に移せれば、見事に下半身のむくみを改善させることができるはずで、すっきりとして体が軽くなりとても快適に生活することができるようになるはずだと思ったのです。
しかし、現実には、こんな事は無理でした。
一度にあれもこれもしようとすると失敗しますね。
こんどは欲張らずに、少しずつでも改善する方向にしようと思っています。

そもそもとして脚や顔がむくんでしまう原因は何だろうか?

脚がむくむということは誰にでも起こることです。
むくみが続くと下半身が太ったように見え、だらしのない印象になってしまう可能性もあります。
脚のむくみの原因は、立ち仕事や座りっぱなしであることから、血液やリンパ液の流れが滞ることや余分な水分がたまってしまうことが原因だとされているんだと思います。
改善するためには、血液やリンパ液の流れを良くしていくことが必要です。
具体的な対処法としては、血液の流れを良くするために運動をして筋肉をつけることで流れが良くなると思っています。
また、マッサージをしたり、ぬるめのお風呂に入って汗をかいたりすることによっても対処できると思います。
食生活についても、余分な塩分を排出する働きのあるカリウムなどを積極的に摂取していくことも効果的です。
(関連記事:むくみ解消には運動や食生活の改善が良いだろうと思い…

◇悩ましい顔のむくみの原因と私が試した解消・予防の方法◇
美味しいものを食べた次の日や、お酒をたくさん飲んだ次の日は、いつも顔のむくみが気になっていました。
やっぱり美味し食べ物は、塩分も多く含まれているみたいでそれが原因だったりとか、お酒を飲むと翌日むくむという話もよく聞くので、仕組みは分かりませんがお酒も原因のようです。
顔にむくみがあると、お化粧をしてもイマイチパッとしないし、体重が増えていないのに太ったように見えてしまい、ブルーな気持ちでした。
そんな日はブルーな気持ちで、むくんだ顔が恥ずかしいと思いつつ、仕事に言っていました。
このままだと嫌なので、むくみに効果的な方法を調べ、実践してみました。
まずは、足湯です。
40度ぐらいのお湯をバケツに張り、足を温めました。
むくみが少しずつ解消され、むくみだけでなく、とても気持ち良くて、朝からすっきりとした気持ちになれたような気がしました。
その他、足湯で心も体も温まったところで、マッサージをしてみた事もありました。
左の鎖骨のくぼみに手を当てて、外側から中心に向かってさすって、リンパを流すイメージを行いました。
むくみの原因は、リンパの流れの滞りらしいなので、優しくマッサージすることを心がけました。
次に指3本で、口角や鼻、目の下、耳の下、鎖骨と大きい円を描くように内側から外側へマッサージしてみました。
そうすることで、リンパの流れが良くなったような感じで、随分とむくみが解消されました。
解消することも大切ですが、むくまないように予防することも大切だと感じました。
そこで毎日、お風呂上りにこのマッサージを欠かさず続けています。
そうすることで、あんなにむくんでいた顔が、最近は、ほとんどむくまないようになりました。
顔もすっきりしてきたし、一石二鳥です。
ただ、少しマッサージなどをさぼると、またむくんでしまう事もあります。
忙しい時や疲れている時など、正直マッサージなどのむくみ対策をするのが、面倒な時も多いので、もっと楽な対策方法はないものかと思っているところです。

むくみ解消サプリメント効果おすすめランキング幻想曲についてはこちら

顔がむくむ私にとってのむくみ解消サプリの効果は?

私は、お酒に誘われるとついつい飲み過ぎてしまいます。
普段からお酒が好きで、特に誘われたりしなければ一日一本程度なのですが、誘われると気分が良くなり、テンションで何杯も飲んでしまいます。
そんな私は、お酒を飲んだ次の日、顔がむくんでしまうことがとても嫌でした。
忙しい朝にむくんでしまっていたら、恥ずかしいので、マスクをしたりして誤魔化して、会社につく前までにむくみが取れれば、化粧室で、むくみのせいで決まらなかった化粧を決めて会社に行くような感じでした。
朝はのんびりしたいのに、むくみのせいでさらにあわただしくなってしまうので、どうにかしたいと思っておりました。
そんな時、ネットでむくみ解消サプリがあることを知りました。
ただ飲むだけでむくみがなくなるならと思い飲み続けることにしました。
むくみ解消サプリを飲み続けていたところ、お酒を飲んだ次の日に顔がむくむということもなくなり、それだけではなく、以前よりも小顔になったような気がします。
メイクも朝のうちにばっちり決まって、仕事に行くときにマスクをすることもなくなりました。
むくみ解消サプリのおかげで時間を有効に使えるようになった上に、小顔の効果まででたのでとてもうれしいです。
(関連記事:脚や顔のむくみについて

◇むくみを改善する方法について考える◇
顔が大きくみえてしまったり、脚が太く見えてしまい悩んでいる方もいるでしょう。
これは、むくみが原因の場合も考えられます。寝起きなどに顔がむくんでいたり、立ち仕事や、デスクワークなどで長時間同じ姿勢でいることの多い作業をしている場合などは、夕方ごろに脚がむくんでしまうこともあります。
このようなむくみを改善していく方法としては、リンパマッサージがおすすめです。
リンパの流れをよくすることで、老廃物の排出をできるだけ促していくことにより、血流などもよくすることにつながるので、むくみなどに対してもある程度効果が期待できます。
リンパマッサージを行う場合には、入浴後にすると効果がある程度向上する場合があるので、入浴後にマッサージを行いましょう。
入浴をすることで一時的な血流の改善や、筋肉などの緊張も適度にほぐれるので、マッサージがしやすい状態になるためです。
また、運動をする習慣を身に着けていくことも改善につながります。
運動をすることで、代謝機能などの低下を防ぐことになります。
また、血流などもスムーズになるため、むくみの改善につながるでしょう。
また、運動をすることで肥満体型の方なども、ダイエット効果として脂肪を燃焼させる効果なども、運動にはあるため、肥満を予防したり、生活習慣病予防にもなるでしょう。
また、むくみに対策をする場合には、むくみの原因と考えられる状態を改善していくことも必要です。
仕事などで同じような姿勢を長時間続けるような作業の場合には、合間に休憩を入れて、軽く体を動かしたり、ストレッチをすることで予防していくといいでしょう。
立ち仕事などの場合には、少し脚の曲げ伸ばしをしたり、少しいすで休憩を取りながら、軽く脚をマッサージしてみるのもある程度の効果があるでしょう。
また、デスクワークなどの場合でも、少し立ち上がり、軽く歩いてみたり、ストレッチなどによって、脚の血流などをよくしていくことでも対策になるでしょう。

◇むくみ解消のためには筋トレをするべき?◇
むくみに悩んでいる方は、むくみ解消のために体を動かす習慣を身に着けるといいでしょう。
適度な運動をすることで、代謝機能の向上、血流なども改善していきます。
また、筋肉なども適度に鍛えることで、血流などをスムーズにする効果につながる場合があります。
そのため、筋トレなどのトレーニングを自分の生活の中に取り入れていくことも、むくみ解消の対策になるでしょう。
自身の生活を見直して運動不足などの場合には、意識して運動をする習慣を身に着けましょう。
(関連記事:むくみ解消には運動や食生活の改善が良いだろうと思うが…