そもそもとして脚や顔がむくんでしまう原因は何だろうか?

脚がむくむということは誰にでも起こることです。
むくみが続くと下半身が太ったように見え、だらしのない印象になってしまう可能性もあります。
脚のむくみの原因は、立ち仕事や座りっぱなしであることから、血液やリンパ液の流れが滞ることや余分な水分がたまってしまうことが原因だとされているんだと思います。
改善するためには、血液やリンパ液の流れを良くしていくことが必要です。
具体的な対処法としては、血液の流れを良くするために運動をして筋肉をつけることで流れが良くなると思っています。
また、マッサージをしたり、ぬるめのお風呂に入って汗をかいたりすることによっても対処できると思います。
食生活についても、余分な塩分を排出する働きのあるカリウムなどを積極的に摂取していくことも効果的です。
(関連記事:むくみ解消には運動や食生活の改善が良いだろうと思い…

◇悩ましい顔のむくみの原因と私が試した解消・予防の方法◇
美味しいものを食べた次の日や、お酒をたくさん飲んだ次の日は、いつも顔のむくみが気になっていました。
やっぱり美味し食べ物は、塩分も多く含まれているみたいでそれが原因だったりとか、お酒を飲むと翌日むくむという話もよく聞くので、仕組みは分かりませんがお酒も原因のようです。
顔にむくみがあると、お化粧をしてもイマイチパッとしないし、体重が増えていないのに太ったように見えてしまい、ブルーな気持ちでした。
そんな日はブルーな気持ちで、むくんだ顔が恥ずかしいと思いつつ、仕事に言っていました。
このままだと嫌なので、むくみに効果的な方法を調べ、実践してみました。
まずは、足湯です。
40度ぐらいのお湯をバケツに張り、足を温めました。
むくみが少しずつ解消され、むくみだけでなく、とても気持ち良くて、朝からすっきりとした気持ちになれたような気がしました。
その他、足湯で心も体も温まったところで、マッサージをしてみた事もありました。
左の鎖骨のくぼみに手を当てて、外側から中心に向かってさすって、リンパを流すイメージを行いました。
むくみの原因は、リンパの流れの滞りらしいなので、優しくマッサージすることを心がけました。
次に指3本で、口角や鼻、目の下、耳の下、鎖骨と大きい円を描くように内側から外側へマッサージしてみました。
そうすることで、リンパの流れが良くなったような感じで、随分とむくみが解消されました。
解消することも大切ですが、むくまないように予防することも大切だと感じました。
そこで毎日、お風呂上りにこのマッサージを欠かさず続けています。
そうすることで、あんなにむくんでいた顔が、最近は、ほとんどむくまないようになりました。
顔もすっきりしてきたし、一石二鳥です。
ただ、少しマッサージなどをさぼると、またむくんでしまう事もあります。
忙しい時や疲れている時など、正直マッサージなどのむくみ対策をするのが、面倒な時も多いので、もっと楽な対策方法はないものかと思っているところです。

むくみ解消サプリメント効果おすすめランキング幻想曲についてはこちら